Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ベロニカとの記憶

何事にも煩わされることなく老後を過ごしたいと思っているトニー。ある日、大学時代に付き合っていたベロニカの母から遺言状が届き、そこにはトニーの親友だったエイドリアンの日記と現金500ポンドを遺すと記されていました。ところが、その日記は娘が焼却処分。かつての恋人にその理由を追及するうち、トニーは封印していた過去の記憶と向き合うことになってしまう。

人は自分の都合に合わせて記憶をねつ造する。どこかで聞いた話だなと思っていたら、原作はジュリアン・バーンズの「終わりの感覚」でした。精緻な工芸品のような構成に舌を巻き、私自身の苦い記憶を呼び覚まされたことが強く印象に残っています。

映画では若干設定が変えられ、過去のおぞましい記憶を掘り返したトニーが他人の気持ちを斟酌できるようになるという結末を迎えています。その重要な役割を果たしているのはシングルマザーになることを決意している娘のスージー。

父の告白を聞きながら出産の時を迎えてしまう彼女は、不安を鎮めるために「握って」と言ってトニーに手を差し出します。しかし、差し出された手は心が千々に乱れて混乱する父をつなぎ止めるものだった。私の目にはそう映りました。娘の手を握らなかったら、おそらくトニーは現実世界に留まれなかったはず。彼女はこの映画の影のMVPでした。

エイドリアンが自ら命を絶つ理由、その原因となったはずの母娘の葛藤を深掘りするという展開もありだったと思いますが、そちらは小説でどうぞ。

 

映画サイトはこちら。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

早春の角田山

3月18日、お天気に誘われて今年初の角田山へ。

五箇峠から樋曾山へ向かおうと林道を進んだところ、ごらんのような倒木で駐車場へたどり着けず。予定を変更して桜尾根へ。

こちらは雪割草が顔を出し始めていましたが、日が当たらずうつむいたまま。来週あたりが見頃かもしれません。

登り切ったところでそのまま灯台コースへ向かい下山。こちらは灯台が見える地点まで登山道にも所々雪が残り、少々滑りやすかった。

日当たりの良い斜面ではすでにカタクリとイチゲが気持ちよさそうに風に揺れています。

10時を回った辺りで途切れなく登山者が現れ始め、あの様子では昼時の山頂は大賑わいだったことでしょう。

帰りがけに宮前コースの神社で手を合わせ、湿地の植物に目をこらすも、種類が判別できず。昨年夏、巨大に成長した葉を見て水芭蕉じゃなかろうかと密かに楽しみにしていたんだけれど、どうも違うみたい。また来週確認に行かなくちゃ。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

新潟暮らし | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ピクニック

パリの裕福な商人一家が涼を求めて郊外の川岸でピクニックを楽しんでいたところ、地元の女たらしが母娘に目を付け、まんまと誘惑に成功。互いにつかの間のアバンチュールを楽しむという、1時間弱の小品。

降り注ぐ陽光、吹き渡る風、きらめく川面、そして人生を楽しむ人々。ありふれた景色がとても魅力あるものに感じられるこの感覚は、ある種の仮想現実体験と呼びたくなります。以前から、優れた画家の目に世界はどのように映っているのだろうと想像してきましたが、この映画を通して、彼らの心に映る世界を自分の目で確認しているような心持ちになりました。

観客が体験するのは、もちろん印象派の絵描きたちの感覚です。監督ジャン・ルノワールはピエール=オーギュスト・ルノワールの息子。父を尊敬し、大きな影響を受けたのは間違いないでしょう。随所に印象派の作品を思わせる構図が見受けられ、モノクロ映画にもかかわらず(いやモノクロだからこそかな)、あふれる陽光が眩しく感じられました。


そうか、彼らの眼にはこんな世界が広がっていたんだなあ。

終盤に用意される天候の急変場面がもっとも印象に残りました。日射しいっぱいの青空が一天にわかにかき曇り、沸き立つ黒雲が風に流される。やがて豪雨が川に降り注ぐシーンは、まさに動く印象派絵画といった趣でした。

この映画のおかげで、新たな視点で絵画鑑賞を楽しめそう。

 

サイトはこちら

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

モンパルナスの灯

制作に苦悩するモディリアーニの放埒な生活と転落をジェラール・フィリップが演じた伝記的映画です。
 

ジェラール・フィリップっていい男ですなあ。私が女だったら一目惚れ間違いなしだな。しかし、二枚目俳優の常として、演技力に問題があるように感じてしまいますね。こちらの不当なひがみ根性のなせる技かもしれないけれど、モディリアーニが苦しむ理由がさっぱりわからなかった。愛嬌だけの駄目男にしか映らない。そう、なんとなく「美の壺」の草刈正雄的雰囲気。


対照的に、その駄目男に惹かれてしまい、不当な扱いを受けようとも明るく援助するベアトリスが良かった。私がこの男を支えているという矜持ゆえに、不実な愛人の心変わりさえ受け入れてみせる健気さ。恋人のジャンヌより人間が一回りも二回りも大きい。英国に帰った彼女に幸あれと祈らずにはいられませんでした。
 

新潟のシネウインドでは4月以降に再びジェラール・フィリップ主演の「危険な関係」を上映するそうです。これも楽しみ。文句を付けてもジェラール様には吸い寄せられてしまうんだなあ。

 

JUGEMテーマ:読書

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

性欲が人並み外れた妻とそれを満足させようとする夫の奮闘記。

妻より一回り以上歳上で、しかも精力の衰えを感じる大学教授の夫は、毎晩のように要求しながらもほとんど反応を示してくれない郁子を満足させるため、己の嫉妬心を燃え上がらせて、その勢いで夫婦生活に挑もうと思いつきます。

その具体的方法がなかなかえぐい(でもナイスなアイディア)。娘の婚約者である木村と郁子を接近させ、さらには秘密を記した互いの日記を盗み読みし合うことで興奮を高めようというのです。夫の真意を汲み、演技で木村への好意を示していた郁子でしたが、やがて本気になってしまい、夫の興奮は最高潮に。

一見、異常な夫婦に見えます。しかし、2人の行動は、相手を満足させたいという愛情によってもたらされたもの。本人たちの思惑とは異なる状況へ事が進んでしまいますが、それでも他の谷崎小説に登場するカップルと比較してもっとも純愛度が高く思えます。

興味深いのは娘の敏子ですね。自分の婚約者と母親が接近することに嫌悪を感じるどころか、積極的に状況をお膳立てするのですから。
気付いてしまった家庭の秘密をおもしろがり、3人が織りなす秘やかなドラマを舞台監督よろしく操っているようです。確かに面白そうではあるけれど。

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

女と男のいる舗道

女優になることを夢見たナナは夫と別れパリへ。しかし現実は甘くなく、レコード店の給与だけでは暮らし向きが厳しくなるばかり。必然のように街で男を拾うようになり、やがて売春組織に売られることに。

夢に焦がれ、夫と子供を捨てることがそれほどの罪なのでしょうか? 徐々に表情を失っていくナナを見ていると、ちょっと厳しすぎるんじゃないのと泣きたくなってきますが、この世の真実は無慈悲に決まっている、ゴダール監督はそう断じているようです。

ゾラの小説に登場する同名の高級娼婦ナナも転落の人生が待っていましたが、一度は上流社会の男たちを手玉に取り、パリの有名人にのし上がっています。しかし、こちらのナナには楽しいことがひとつもなかった。突き放すようなエンディングに呆気にとられ、胸がふさがりました。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

東響 第105回新潟定期演奏会

今回のお目当てはプロコフィエフ2曲。交響曲とピアノ協奏曲のそれぞれ第1番です。
前者は活気に満ちた雰囲気と第3楽章の可愛らしさが、後者は軽やかさとピアノの技巧を楽しめる点で共にお気に入り。楽しみにしていました。

ガヴリリュクさん(発音難しいなあ)のピアノは初めて聞きました。ダイナミックに鍵盤に向かっていましたが、目から入る印象とは異なる透明感の高い音。聴かせどころをしっかり押さえていて、特にアンコールの「キエフの大門」では感情を揺さぶられ、ラストで目頭が熱くなるのを抑えられませんでした。
後半に演奏されたラヴェルのオーケストラ版より曲の広がりを感じさせる演奏だったように思います。

最後に飯森さんから大雪のお見舞いと、次回も来場お願いしますねというリクエストをいただきました。
いやあ、気持ちの良い年の初めとなりました。インフルエンザもらってしまったけど。

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

セザンヌと過ごした時間

幼い身に受けた親切は長じてからも心の拠り所となり、生涯を通じて感謝の念を感じ続けるものです。たとえ、その相手に怒りを覚えることになろうとも。
 

移民の子としていじめられていたゾラは、銀行家の息子セザンヌに助けられ、以後、彼らは親友として少年・青年時代を過ごすことになります。
やがてゾラはパリで作家として成功、セザンヌを呼び寄せ、ともに偉大な芸術を目指すことに。しかしゾラの評価が高まる一方、セザンヌはいつまでも芽が出なかった。

 

極めて自己中心的で粗暴な人格へと変貌したセザンヌ。評価されないことへの苛立ち、成功した友への嫉妬心と折り合いを付けるためには、人が敬遠するほどの破滅的な生活に逃げるしかなかったのかもしれません。
 

そんな友人の心の内を理解し、惜しみない援助の手をさしのべていたゾラも、自著「制作」に対するセザンヌの批判、妻に対する侮蔑に愛想を尽かし、とうとう袂を分かつことに。

その後、2人の間に和解はありませんでしたが、地元に戻ったゾラ一家を離れた場所から見つめるセザンヌの目を見れば、かつての友情を取り戻したいという切ない思いが感じられ、一方、セザンヌに無関心を装うゾラのポーカーフェイスの裏にも、かつて助けてもらった恩義や無邪気な思い出が潜んでいるのは明らか。
 

自分の思いを素直に表現できないほどの地位を獲得したり、歳を取るのは難儀なことです。ただの一声でわだかまりなど消えてしまうと分かっているはずなのに…
 

喜びと苦しみに満ちた友情をそれぞれの作品に昇華させた2人はやはりたいした芸術家です。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

山椒大夫

安寿と厨子王って哀しいお話しだったのですね。今までまったく知らなかった。これが学芸会の定番演目とはねえ。このお話を演じる園児たちの心は大丈夫なのかな?

映画を観た後で森鷗外の小説も手に取って物語の展開を比較してみたところ、もちろん大筋は同じでしたが、細部にいくつかの相違がありました。
最も大きな違いは、奴婢などの使用人を酷使する荘園管理人、山椒大夫の扱いです。

関白の命で国守となった厨子王の人買禁止令に対し、鷗外版では山椒大夫がおとなしく従った結果、賃金を支払われることになった使用人がやる気を出して、荘園がますます栄えました、めでたしめでたし。

一方映画の溝口版では山椒大夫が禁止令に反発。強制的に身柄を拘束されたうえ、厨子王に解放された奴婢が館に火を放ち、今後の展開にきな臭さを感じる後味の悪さが残ります。

森鷗外は中世の人身売買を題材にして人の世の残酷さを抑えた筆致で淡々と描き、溝口健二は非人間的な扱いに激しい憤りを覚えた主人公の生き残りを模索する執念、悪行は正されなければならないという正義感に重点を置くことで、むしろ人の愚かさを際立たせていたように思います。

それはそうと、昔の役者の演技には緊張感と気品が漂っていて、思わず画面に引き込まれてしまいます。
この映画では香川京子の清楚な美しさにくらっとしました。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ヤナ・ノボトナの涙 

ボルグとマッケンローの手に汗握る攻防に夢中になって以来、ウィンブルドン選手権の虜になり、アガシ引退の年まで熱心にテレビ観戦したものです。
数々の名勝負、名場面が思い出されます。その中で、私の心に最も印象深く残っているのは、ボルグの5連覇でもなく、アガシの純白のウエアでもなく、ひいきにしていたイワニセビッチ初優勝でもなく、ヤナ・ノボトナが決勝戦敗退後に流した涙です。

1993年の決勝戦、相手は女王グラフ。第1セットのタイブレークを接戦の末落としたものの、第2セットを6-1で取り戻し、そのままの勢いで第3セットも4-1とリード。初優勝は決定的と思われましたが、ダブルフォルトをきっかけにずるずると5ゲームを連続で失い、まさか、まさかの逆転負け。
表彰式で優勝プレートがグラフに手渡されるとノボトナは感情を抑えられなくなりました。その涙を目にしたケント公夫人がノボトナの肩に腕を回すと、彼女はその肩を借りて泣きじゃくることになるのでした。

後にノボトナはBBCのインタビューでこう語っています。
「翌日新聞を広げたら1面にケント公夫人と私の写真が載っていて、まるで優勝したみたいだった。
負けてしまったのに93年の試合をいちばん誇りに思うと言ったら怪訝な顔をされるかもしれない。でも、あの試合があったからこそ私のプレーは進歩し、人として成長できた」

肩を借してくれたケント公夫人は「あなたならできるわよ」と励ましてくれたのだとか。その後もノボトナはウィンブルドンへの出場を続け、97年は再び準優勝、そして翌98年、3度目の決勝戦でついに優勝。ケント公夫人の言葉が正しかったことを証明して見せたのでした。
愛おしそうに優勝プレートを抱きしめた姿も忘れられません。

がんのため49歳で亡くなったノボトナさんのご冥福をお祈りします。

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:スポーツ

 

スポーツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |