Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 憂鬱な10か月  イアン・マキューアン | main | リザとキツネと恋する死者たち   ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ >>

日本以外全部沈没

筒井康隆に馴染みがあるかないかで、この映画の印象はずいぶん違うはずです。筒井ファンなら、原作を思わせるブラックユーモアにニヤニヤ。もし、筒井体験がなければ、ふざけんなーと叫びたくなるのでは。

一見するとあまりに差別的、あまりに偏見に満ちた内容で、大問題になること間違いなし。よく劇場公開できたものです。

筒井康隆自身が嫌みなおっさん役で登場していたり、日本沈没の映画、テレビドラマでそれぞれ主役を演じた2人が嬉々として(?)類型的な人物を演じていることをとっても、しゃれのきつい一種の文士劇で、内輪のお楽しみのために作ったのではないかと想像されます。

チープさ加減、呆然とするような設定に惑わされることなく、これは原作の意図を忠実に表現しているのだと考えると、現代社会に対する痛烈な風刺であり、自己愛に浸りきる人類に警鐘を鳴らす啓蒙映画として見ることも可能です。今の世界はまさにこの映画の描く状況に向かって一直線じゃないですか。

筒井さん、しばらくご無沙汰していましたが、また読みたくなっちゃいました。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gatos.jugem.jp/trackback/650
この記事に対するトラックバック