Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドン・キホーテ  セルバンテス | main | 僕とカミンスキーの旅 >>

学生たちの道

1943年、ドイツ軍占領下のパリ。17歳の高校生バリー君は品行方正を装いながら、親の目を盗んで親友ポールとやんちゃのやり放題。年上の女といちゃつくわ、闇商売で大儲けするわと、一人前を気取っているのですが、やがて家族に嘘がばれ、親子関係がこじれることに…

若きアラン・ドロンの瑞々しさが眩しいコメディタッチの成長物語でした。親子関係を巡る葛藤もありますが、そのテーマを掘り下げているわけではなく、あくまでドロン(そして相方フランソワーズ・アルヌールなど)の存在そのものがこの映画の見どころだと思います。

それにしても、ナチス占領下だというのにパリジャンは楽しそうに日々の生活を送っています。物資は不足気味ですが、それでもカップルがドイツ兵の前でいちゃついてみせたり、レストランで敵将と共に酒を酌み交わしたりするんですよ。実際にそんなことが可能な雰囲気だったのかな?

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gatos.jugem.jp/trackback/605
この記事に対するトラックバック