Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 戦争と平和 | main | 学生たちの道 >>

ドン・キホーテ  セルバンテス

遍歴の騎士が活躍する小説を読みすぎて、現実と虚構の区別がつかなくなったドン・キホーテ。自分も悪を正す正義の騎士になろうと、やせ馬ロシナンテ、従士サンチョ・パンサを伴にドタバタ劇を繰り広げるのですが…

物語に深みがあるわけではなく、滑稽な登場人物が次から次へと事件を巻き起こす娯楽長編。様々なエピソードをある一定量にまとめた連作短編集のような体裁でしたので、気楽に読み進めることができました。

そもそも、「遍歴の騎士」とは、正義を求め、乙女の純潔を守る者だそうで、闘いにおいては想い姫の加護を求める慣わしなんだそうです。

しかし、いつもは良識あるキホーテさん、こと騎士道となると完全に常軌を逸してしまい、誰を見ても騎士か悪人にしか見えない。正義を遂行するどころか、人の持ち物を奪ったり、葬列に襲いかかったりと、やりたい放題。しかも、ことごとく打ちのめされ(歯は全て折れ、肋骨も骨折…)てしまうのですが、自業自得だよなあ、と全く同情できないのでした。

有名な風車のエピソードは最初に登場。しかも実ににあっけない内容で、その後に巻き起こる珍事件に比べれば印象が薄いですね。後半はとある宿屋に集まった人たちの冒険譚が中心で、キホーテの影は薄くなります。

娯楽の少なかった昔(発表は1605年)を想像すれば、冗長な説明さえ歓迎されたのでしょう。一日の終わりにみんなが集まり、文字を読める人が一章ずつ読み進めて楽しんだのではないか、そんな気がする迷作(?)でした。

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gatos.jugem.jp/trackback/604
この記事に対するトラックバック