Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒いチューリップ | main | 魅惑の小径 角田山小浜コース >>

A Quiet Life  ナターシャ・ウォルター

第二次世界大戦が現実味を帯びる頃、アメリカの田舎町で暮らすローラは思わぬ遺産を相続し、イギリスの叔母家族を訪ねることに。旅の途中で共産主義者の女性と知り合い、その理想に共感を覚える一方、ロンドンで知った上流階級の雰囲気にも憧れを感じます。

そして、戦争が勃発。イギリスに留まったローラは社交界で交友関係を広げ、外務省に勤めるエリートながら、平等な世の中の実現にも関心を寄せるエドワードと知り合います。
互いに理想の相手だと感じた二人は結婚。ところが、夫はローラの想像が及ばない秘密を抱えており、やがて失踪。生まれたばかりの子どもを抱えたローラは苦境に立たされることになるのですが…

1つ屋根の下に暮らしながら、職業上の理由から本音を語り合うことができない生活。そんな状況で配偶者を持つなど、自分には無理、と思いましたね。
でも、実際、世の中には知り得た情報の守秘義務に縛られた人は多く存在するはずで、そのような配偶者を持つ夫婦も多いはず。ローラとエドワードのように家庭が破綻することはないのだろうかと、にわかに気になるのでした。
当たり障りのない、平凡な人生こそ得がたいものなのだと、改めて思う次第。

そんな私には、最後にローラが示した決断が信じられません。
彼女は良き妻のマスクをかぶり続ける静かな暮らしを捨て、自分のありのままで生きることが可能な道を探ろうとします。その道の先には、大きな困難が待ち構えていることは必至。母や親戚、そして友人を過去のものとして捨て去らねばならないのです。
偽りの生活を良しとしないローラの未来が少しでも明るいものでありますように。

この実在のスパイ夫婦に着想を得た完全なフィクションが著者の小説デビュー作。先が気になるストーリー展開、語りすぎることなく主人公の内面をうかがわせる描写も既に大家の雰囲気があり、この先が楽しみです。

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gatos.jugem.jp/trackback/599
この記事に対するトラックバック