Un gato lo vio −猫は見た

映画やらスポーツやら小説やら、あれやこれや。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

リスボンに誘われて

人生の退屈さに失望するスイスの高校教師ライムントは、偶然手に入れた書物に心奪われ、若くして亡くなった著者の生涯を知ろうとリスボンの関係者を訪ね歩くことに。やがて明らかになるのは独裁政権下で闘ったレジスタンス同士の友情と裏切り。同志の間に何が起きたのか。

全貌を明らかにしたライムントは、疑心暗鬼に陥って関係を断絶した同志たちの心を再び結びつけてくれたように思います。一方、彼らの人生に比べて、やはり自分の人生は無意味で退屈だと失望の念は深まるばかり。

しかし、ライムントは衝動的にリスボン行き列車に飛び乗ってしまう情熱家の一面を持ち合わせています。現地で調査の手助けをしてくれた女性が熾火のようにくすぶっていたライムントの心の熱に惹きつけられ、魅力的な提案を投げかけたことがその証しです。
決して退屈なだけの人生などない。ライムントと共に静かに励まされるエンディングでした。

それにしても、作者の生涯をたどりたくなるほどに1冊の本に深く共感したことがあるだろうか? 私の情熱はライムントに遠く及びません。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

痴人の愛

増村監督の同名映画は小沢昭一の怪演が光り、最後の最後で純愛の物語へ転換させる監督の腕前にうならされました。一方、原作のナオミは妖婦を、譲治はマゾヒスティックな態度を貫き通しています。あくまで自由奔放な女とひれ伏し続ける男。増村さんは譲治君を哀れに思い、救いを用意したのかな、と感じますね。

ただ、小説の譲治君に救いは無要。自分が目をつけ、理想にかなうよう教育を施し、そして想像以上に花開いてくれた女です。淫蕩な性格まで育ってしまい、嘘を重ねながら大勢の男と関係を持つようになってしまったことは計算外でしたが、西洋人のような容姿や魅惑的な足(脚)に抗うことは不可能なのです。

譲治君にとってナオミは神なのでしょう。古今東西あまた存在する(?)神様の例に漏れず、ナオミ神もとても意地悪です。無条件の崇拝を受けながら、与えるものはわずかな恵みと多大な厄災。でもだからこそ、振り向いてもらえたときには恍惚感を覚えてしまうのでしょう。

谷崎潤一郎を読み続けていくと、人にはある種の力に盲従したくなる傾向が隠れているのだな、と感じるようになります。今は人の命に従うことが難儀だと感じている私も、もしかしたら何かをきっかけとして、そこに悦楽の境地を感じてしまうかもしれない。おお、やだやだ。怖い作家です。

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アスファルト

日々の暮らしに絶望するほどではないけれど、なんとなく人恋しいことってありますよね。
この映画は、若干の寂しさを抱えた3人の団地住人が、同じ日にそれぞれ出会いに恵まれ、ほんの一時心を通わすお話しです。

その出会いにドラマチックな要素はなく、大きく発展することはなさそうです。実に地味。自分の身に起こったとしても、誰かに話したくなるほど心が浮き立つこともないでしょう。

でも、等身大で描かれる登場人物たちの心の動きは、ささやかだけれど手に取るように感じられます。リアリズムを少しばかり無視した設定(宇宙飛行士が降ってくる、意識を失ったまま100キロもエアロバイクをこいでしまう)によって、人の心の本質をむしろリアルに際立たせるようです。映画の絵面としても面白い。

たとえ短い時間だとしても、誰かが傍にいるってすてきなことです、きっと。

そうそう、映画内で「マディソン郡の橋」がテレビに映し出されるんだけれど、甲高いフランス語吹き替えのイーストウッドが笑えました。

 

公式サイトはこちら

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

きもの 幸田文

その昔、呉服販売にも携わったことがあり、なんとなく着物のことは知っているつもりになっていました。でも、着心地については考えたこともなく、肌触りを重視する主人公るつ子の着物選びに目から鱗が何枚も落ちることとなりました。
なるほど、肌に触れる感触は重要ですよね。実際に身にまとったことがない故の盲点でした。

大正末期の東京下町で両親、祖母、2人の姉と暮らするつ子の物語。着物への接し方を通して彼女の成長を見届けることになるのですが、実に清々しい読後感です。
美しい心の持ちようを記録したような小説で、読んでいると、自然に背筋が伸び心が澄み渡るのを感じます。

るつ子の世界観を正しい方向に導くのは、小利口でさもしい根性を嫌う祖母。決して高圧的ではなく、時宜にかなった適切な教えは、読み手の私の心にも素直に響くのでした。
なんだか、るつ子と机を並べながら世の中のことを学んでいく気分です。ああ、覚悟して服を着たことなんかなかったなあ。

 

この小説、中身もさることながら、装丁も素晴らしかった。まさに着物をまとっているようで、手に取る楽しさも格別でした。文庫やデジタル本では味わうことのできない贅沢です。これが100円だなんてねえ。

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ジャニス 〈リトル・ ガール・ブルー〉

ジャニス・ジョプリンの生涯を当時の映像、関係者の証言、そして両親に宛てた本人の手紙でたどるドキュメント。
破天荒な行動を取り続けたのは何故なのか、頂点を極めようとする情熱はどこから生まれたのか。

既に見た人から聞いた通り、本人の手紙が効いていました。ジャニスは日々の充実ぶり、成功の喜びを得意そうに書き連ねますが、そこには親の関心を惹きつけたい必死さが漂っていました。

「娘の希望を叶え、やりたいことはなんでもやらせた」と両親は語っていたようです。でも、もしかしたら、それはただの放置だったのかもしれない。ジャニスの手紙に対する返信を1通も紹介しないことがそれを暗示しているように感じます。

無鉄砲な行動でさえ両親の注意を惹きつけられなかった。だから今度は誰もが認める頂点に立った。
「ねえ、褒めてちょうだい、私頑張ったでしょう」
そんな声が聞こえるような気がして、スクリーンを正視することができませんでした。

存命だったら、どれほど素晴らしい歌い手になっていただろう。早過ぎる死が今さらながら惜しまれてなりません。

 

公式サイトはこちら

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

NHK交響楽団 新潟公演(1月7日)

年の初めにふさわしく、明るく活気に満ちたプログラム。「フィガロの結婚」序曲は、これから1年、楽しいことが待っていますよ、と告げているようでしたし、「ピアノ協奏曲第9番」では、ソロ部分で小曽根さんがまさかのジャジーなアレンジ。体が揺れ始めてしまいました。これを聴いたらモーツァルトも喜びそうです。

「新世界より」では弦楽器に圧倒されました。バイオリンの華やかな旋律とそれを支える中低音の厚みが圧倒的。聞き惚れてしまいました。
聴かせどころたっぷりのホルンもかっこええ。一緒に出かけたトランペット吹きは「ホルンに変えようかな」とつぶやいておりました。

アンコールの「ピツィカート・ポルカ」は指揮の広上さん曰く「お年玉」とのこと。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートではおなじみの曲。新年らしく楽しかった。

 

JUGEMテーマ:音楽

音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

野生のなまはげ

テレビニュースなどで目にする「なまはげ」は子どもの頃から飼い慣らされたもので、人に慣れているため秋田弁も話すそうです。しかし、秋田県「小田」半島で捕獲された野生のなまはげは「悪い子いねが!」という鳴き声しか発することができず、悪い子を食べてしまう可能性があるとのこと。
いやあ、知らないとは恐ろしいものです。いい子にしなくちゃ。

逃走した野生のなまはげを飼うことになった守君。でも都会暮らしは無理。生まれ故郷に帰してあげようと秋田を目指しますが、高値で珍しいペットを売りさばこうとする「Pet Shop!」の奴等に付け狙われることに。
そんな彼らを武闘派の東北南東大学山田教授が援護。果たして2人(?)は無事故郷に帰れるのか。

「野生のなまはげ」ということばの響きに心を鷲づかみにされてしまった。いろんな小説や映画を見てきたけれど、タイトルの衝撃度は個人的ベストクラス。これ、見ないわけにいかないでしょう。
 

演技がどうの、脚本がこうの言ってはいけません。野生のなまはげがいたら、というアイディアが全て。無心に映画に浸って、夜はなまはげに追いかけられる夢を見ようではありませんか。

同時上映「おっさん☆スケボー」も衝撃的だった。5分程の超短編ながら、緊迫感と脱力感のミックスがお見事。今後の作品が気になる監督です。

 

公式サイトはこちら

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

優れた小説には優れた才能が必要なことはもちろんですが、優秀な編集者の存在も不可欠。
実際にどのような作業を行っているのか興味を引かれて映画館へ。

ところが、トマス・ウルフは人の痛みが分からない半人前として描かれていました。才能を信じて全てをなげうった妻のささやかな願いを退け、不遇を託ったフィッツジェラルドに容赦のない批判(いやがらせ)を浴びせる。そして、自分を世に送り出してくれたマックス・パーキンズにさえ手柄を横取りしようとしていると不信感を抱くのです。

他人の気持ちを忖度できない人が優れた小説を書けるということに驚いてしまいました。共感する能力に欠けながら登場人物の心理を描写できるものなのか? 普通は無理ですよね。天才(原題)故の技なのでしょう。優れた作品を世に送り出してくれれば作家の素顔など気に留めない質ですが、こればかりは頭の中に「?」マークが点滅を続けるのでした。

取り上げるエピソードをもう少し絞り込んで深掘りしてくれたら、もっと印象に残ったのかなとも思います。ウルフがマックスに不信感を覚える理由が映像からはよく分からないし、決定的な対立もない。ウルフの創作の苦しみすら全く描かれず、やんちゃな悪ガキに手を焼いていたみなさん大変でしたね、という感じで終わってしまいました。主役クラスの3人の俳優が良い仕事をしていただけに少々残念。

「グレート・ギャツビイ」のフィッツジェラルドはナイーブな、そして几帳面な人物に描かれていました。金銭感覚に乏しい浮き世離れした人だと思っていたけど、映画の中では常識人。なるほどねえ。

 

JUGEMテーマ:映画

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ゴールドフィンチ ドナ・タート

せっかくサインまでもらったのに、あまりの分厚さ(弁当箱よりでかい!)に怯んでしまい、数年来積ん読状態だった「The Goldfinch」。翻訳も出てしまったことだし、ここらでいっちょう読んでみるかと手に取ったところ…


止まらない、止まらない!  前評判通りのおもしろさに毎週末は外出もままならず。1カ月以上首までドナ・タートの世界に浸かりきりでした。

ニューヨークの美術館で爆破事件に巻き込まれたテオ。母を失い、ファブリティウスの名作「ゴールドフィンチ」を持ち出してしまったことを振り出しに、想像もしなかった人生を歩むことになります。

テオを取りまく人々の中でとりわけ印象的だったのは、彼を父のように見守る家具職人のホビーと、トラブルの匂いを紛々とまき散らす、けれど無二の友人ボリスです。ホビーは善という価値を体現するような聡明さと落ち着きでテオをつなぎ止め、一方のボリスは軽いのりでテオを縦横無尽に厄災の世界へ誘います。

おもしろいのは、このあやしいボリス君が聡明な人生観を持っていること。世の中は白黒をはっきりつけられものではないし、正しい行いが良い結果を、誤った行いが悪い結果を導くものではない、だから四角四面に考える必要はないと考えています。いちばん好きな人と一緒になるのは地獄だという異性観なんて、まるで人生を達観した親爺のようです。

ああ、それにしても、この大作の感想を手短にまとめることは至難の業。逆に言えば、焦点の当て方によってさまざまに楽しむことが可能なので、しばらくはこの物語の話題で何度も酒を飲めそうです。一緒に盛り上がれる人がはやく現れてほしい!

 

JUGEMテーマ:読書

小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

デトロイト美術館展

この冬の東京はおもしろそうな美術展が多く、特に上野はすごいことになっています。あれも見たいこれも見たいと悩みつつも、混雑は嫌、ということで、今回は比較的落ち着いて鑑賞できそうな「デトロイト美術館展」に足を向けました。

いやいや、予想していたより充実のラインナップ。展示されている作品は巨匠の代表作ばかりで、さまざまな媒体でお馴染みのもの。豪華幕の内弁当を手にしたような喜びが湧き上がってくるのでした。デトロイトが自動車で繁栄していたおかげで、これだけの作品を収集できたのですね。

圧倒されたのはピカソの時代別代表作。中でも「読書する女性」と「座る女性」が発するパワーは凄まじかった。ライブコンサートでは音が実態あるものとして押し寄せてきますが、この2点も同様でした。この絵画を創作した作家の強烈な意志がまだそこに留まっていて、それが鑑賞者に放射されている、そんな感じなのです。目にした瞬間に引き込まれてしまいます。でも、対峙するにはそれなりの力が必要なのでした。

好き嫌い、あるいは実際に手元に置きたいか否かという問題は別。己の想像の範囲を超えた荘厳な力の前に、ただただひれ伏すほかに術はなかった。こんなの初めての体験です。

まあ、それはそれとして、自宅に飾るならドガかルノワールが好いなあ。

 

公式サイトはこちら

 

JUGEMテーマ:美術鑑賞

 

美術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |